捜索願いを出す前に知って貰いたい事

事件性のあるものから、事件性のないものまで様々な捜索願いが警察にだされています。
最初に記載したように、日本では年間で数万人の捜索願いが出されています。このなかには家出人の捜索も含まれているのですが、ここで少し知っておいて貰いたいのは、何故家出をしてしまったのか?その理由です。

家出をする人の理由の傾向として多いのは、金銭関係のトラブルによって行方をくらませるといったものですが、次に多いのは家庭内トラブルと男女関係です。

金銭関係もデリケートな問題ですが、家庭内トラブルや男女関係で家出をする人は家族や知人が探すと逃げてしまう可能性もあり、またその後にトラブルの内容も影響しますが、最悪自殺に追い込んでしまう可能性もあるのです。

警察庁の調べによると、自殺をする人の理由には以下のものがあります。
金銭関係のトラブル、仕事でのトラブル、家庭内でのトラブル、男女関係です。
コレをみてもらうと気がつくと思いますが、家出の理由と似ていると思います。

家出=自殺というのは極端な話ではありますが、最悪のケースにいたってしまう可能性もあり、慎重にそれでいて迅速に捜索する必要があるのです。

警察に捜索願いを出すのは必要なことですが、他にも民間業者の探偵事務所や興信所にも依頼して探せば少しでも早く発見することが出来ますし、民間企業の中には事情を把握して、トラブルに発展しないように注意してくれるところもあります。
 





Copyright (C) 意外と多い、人探し