年間の失踪者人数約81,000人。これは平成24年度の人数です。

10年前よりも、約20,000人減ったとはいえ、年間にこれだけの人の行方がわからなくなっているなんて、当事者の家族や知り合いでない限り、知る由もないはずです。
失踪してしまう年代で多く占めるのは、30〜40代の男性。家族関係に問題を抱えての失踪が多いようです。
働き盛りと言われる年代の失踪。残された家族は、警察への失踪届を出すだけでなく、失踪してしまった家族を探しだしたいと、さまざまな手段を考えるようです。

その一つが探偵へ人探し調査を依頼することです。しかし、実際に家族が行方不明になった場合、すぐに探偵へ人探しを依頼する人は少なく「すぐに帰ってくるだろう」と、手を打たず待っていることが多いようです。しかし人探しは、時間との勝負。早く依頼すれば、それだけ早く失踪者の居場所を見つけ出すことができます。もし、家族がいなくなってしまったら、早めに調査を依頼することが肝心です。


★ 興信所業務リサーチ
  興信所の扱っている業務内容について解説しています。知っていれば使える調査があります。
探偵調査メモリ
  知らなかった探偵の調査にクローズアップ。生活の中で起こる問題は、探偵の調査で解決するものが多いようです。
 




Copyright (C) 意外と多い、人探し